ヘルニア 手術 痛み

ヘルニア手術後の後遺症。


今までヘルニアによる手術を2回行いました。
原因は「立ちっぱなし、拘束時間が長い」等の労働環境に寄るものです。一度目の手術では、回復も早く術後2日で歩ける程になりましたが2回目の術後の経過が芳しくなく、回復も遅く苦労しています。現在術後数年経過しており、医師の診察も受けておりません(外科手術的なことは済んでおり、特に病院に通う必要がないため)。

 

現在特に困っているのが、長時間立ち続けたり・座り続けたりすると腰周辺の神経が圧迫されるためか、少し痛みが出ることです。日常生活にあまり問題はないのですが、やはり気になります。また、重いものを持ち上げようとするとギックリ腰に近い状態になったり痛みが出たりします。いずれも短期的なモノですが、ヘルニア再発の恐怖に怯えております。
加えて、固い床で仰向けになって横たわると手術箇所が痛みます
就寝時も横を向いて眠ることが多いです。天候や気圧の変化で痛みが出ることもあります。

筋力トレーニング等の体質改善


術後まともに動くことができなかったため筋力が低下し尚且つ体重も10kg以上増えてしまいました。よって、まずは体重を減らすことと筋力を付けることを目標にしジムに定期的に通って体を作り直すことから始めました。これは自分の思い込みというだけではなく、主治医の勧めでもあったからです(体質を改善しないと再発→手術の可能性が高いとのこと)。

 

ジムではインストラクターに自分の現状と希望を伝えた上で、自分に合ったトレーニングを組んでいただきました。トレーニング箇所はほぼ全身で、特に腰を中心とした筋肉(体幹)の強化に取り組みました。具体的には、腹筋全般・背筋・おしり周りの筋肉・太もも・ふくらはぎです。また、腰に力を入れなくても力が込められるように上腕二頭筋や三頭筋・肩の筋肉・胸筋も鍛えました。それを行った上で有酸素運動を行い、3年ほどで12〜13kgの減量に成功し、体脂肪率も23%前後から17%前後まで落とせました。

 

トレーニングの頻度は週2〜3回で、1回当たり700〜800キロカロリーの消費を目安に行いました。現在もこれを継続中ですが、完治には至っていません。後遺症はかなり軽減されました。